Vライン

Vライン形成

Vライン型の先の尖ったツンとした顎先は小顔効果を最大限に表現できるだけでなく、知的な美しさ可愛さまで表現することができます。
Vラインを作る方法としてヒアルロン酸注射などでボリュームを足すことでもV型の顎先を作り出すことは可能ですが、ヒアルロン酸注射というのは今の顎の形に注ぎ足して形を尖らせるだけですのでアゴが小さくなる訳ではありませんし、返って輪郭の表現を壊してしまいます。その点、骨切りによるVライン形成は元の大きさを長くすることなく、顎先だけをVラインに整えることができるのです。
ここでは輪郭の整形手術「Vライン」について詳しくご紹介します。

Approach
〜 アプローチ方法 〜

Vライン形成はすべてお口の中(口腔内)からアプローチして、顎もしくは顎、エラの両方の骨を削っていきます。口の中だけですので表面上に傷跡が残る訳ではありません。
ただし、術後にドレーンを挿入する場合もあり、その場合、一時的にドレーンの傷が残ります。時間の経過で消失しますのでご安心下さい。
また、抜糸の必要がなく、吸収糸を用いますので2週間程度で糸が脱落していきます。ただし、糸が気になる方、時間が経過しても糸が残っている方などは抜糸いたします。

Operation
〜 治療・手術の方法 〜

Vライン形成の実際の治療方法についてご案内します。Vライン形成には大きく分けて2つの方法があります。一つはアゴ削りの分節術によるVライン形成、もう一つはフルラインによるVライン形成です。ここでは分節・再固定によるVライン形成をご紹介します。

(Vライン形成6つの治療工程)

全身麻酔デザイン・局所麻酔口腔粘膜の切開・下顎骨の露出
骨切り・骨削り洗浄・仕上げ傷の縫合

- Process01
全身麻酔

Vライン形成は全身麻酔下で行う手術です。お薬(点滴)を使って眠らせた状態にし、痛みなどを完全に遮断した状態でアゴ削りを実施しますので手術中に目を覚ましたり、痛みを感じるようなことはありません。
薬で眠ることに不安を感じる方が多いのですが、全身麻酔は経験・実績が豊富な麻酔医、整った医療設備の下で行う場合は非常に安全な麻酔法です。
当院では麻酔は、麻酔医が担当していますのでご安心下さい。

- Process02
デザイン・局所麻酔

切開する部分の口腔粘膜に切開する部分のデザインを描きます。そうして口腔粘膜、骨切りを行う下顎骨部分に局所麻酔を行います。

- Process03
口腔粘膜の切開・下顎骨の露出

口腔粘膜を電気メスもしくはレーザーメスで切開し、さらに奥深くまで進みます。
そうして下顎骨までたどり着いたら骨膜を丁寧に剥がし、下顎骨をしっかりと露出させます。

- Process04
骨切り・骨削り

下顎骨に骨切りのデザインを描きます。そうしてデザイン通り下顎骨をいくつかのパーツに切り分節(離断)させます。
分節した骨のパーツを組み立ててプレートでしっかりと固定します。
顎先がVラインになるよう削って仕上げます。

- Process05
洗浄・仕上げ

骨切りは多くの骨片等が出てしまいます。骨片は腫れや感染の誘因にもつながりますのでしっかりと丁寧に洗浄します。仕上がりの通りに削れていることを確認します。

- Process06
傷の縫合

たるみを生じさせないよう内部の固定等を行い、問題がなければ傷を縫合してVライン形成を終了します。

Progress
〜 Vライン形成術後の経過 〜

Vライン形成の術後の経過と状態についてご紹介します。Vライン形成は状態によって治療法が違い、単にアゴを削るだけではなく、分節術、エラ部分にまで及ぶ場合はフルラインのように広範囲の骨切りは必要になることがあります。ここでは分節術の場合の術後の問題点についてご紹介します。

▶︎ アゴ削りの場合はこちら
▶︎ フルラインの場合はこちら

術後の腫れ

Vライン形成の術後の腫れですが、基本的には翌日がピークですが、その腫れが2、3日持続します。1週間後で概ね8、9割程度の腫れが解消します。状態にもよりますが、基本的には術後は軽いテーピングだけを行います。

術後の痛み

Vライン形成の術後の痛みですが、手術の影響による痛みというのはほとんどありません。痛み止めの内服を処方していますので、十分コントロールが可能です。

感覚鈍麻

Vライン形成でも分節術の場合、顎神経近くの骨を治療しますので、一定の影響を与える可能性があります。しかし、神経を直接的に傷つけるわけではありません。確実に保護しながら骨切りを行いますが術後、一定期間顎周辺の感覚が一時的に鈍く感じることがあります。
時間の経過で改善しますが、気になる方には内服や術後ケアで早期の回復をさせることも可能です。

内出血

Vライン形成の場合、皮下出血は非常に少なくあまり表面に出現することはありません。万一、内出血が出現しても数日で回復します。内出血が長期化したり、色が残るようなことはありませんのでご安心下さい。

傷跡について

Vライン形成はお口の中から治療しますので皮膚表面に何かしらの傷が残ることはありません。

Price
〜 Vライン形成の実際の費用 〜

慶友形成クリニックのVライン形成の費用をご紹介します。
当院では個人差による追加加算等はございません。下記の表示料金でVライン形成を受けて頂くことが可能です。

Vライン形成
1,000,000円〜1,400,000円
全身麻酔
120,000
上記以外に必要な料金
初診料
3,000
血液検査
10,000
レントゲン等
4,000
フェイスマスク
5,000
3D-CT
20,000
※ 別途、消費税
※ 再診料は無料
おすすめの記事