骨切り・治療の流れ

治療の流れ

エラ、顎、頬骨、上顎骨など顔面の骨を削ることによって輪郭に変化を加える「骨切り術」。
そんな骨切り術の実際の治療の流れをご紹介します。

骨切り手術というのは必ず全身麻酔下で手術を行います。
全身麻酔というのは、お薬を使って眠っている状態にし、麻酔薬で痛みなどの痛覚を遮断することができます。ですので手術中に痛みを感じることはありませんし、何かしらの苦痛を感じることもありません。
麻酔医とお話を始めると眠くなってきて、次に目が覚めた時には手術が終了していますので寝ている状態ですべてが完結してしまいます。
当院はワンオペではなく、麻酔医、術者、助手のチームで骨切り術を行っています。
それではそれぞれの骨切り術の治療の流れをご紹介します。

エラ削り

FLOW 1

診察・カウンセリング

まず初めにお顔の写真を数枚撮影します。そうしてどう言った仕上がりを希望しているのかをお伺いします。最初に撮影したお顔の写真を使って細かな仕上がり等を確認します。その上で具体的な治療プランをご提案し、治療におけるリスクや注意点等をお話しします。

FLOW 2

手術のお申込み

エラ削りを受けようと決心がつきましたら手術の申し込みをしていただきます。申し込みはお電話でもメールでもかまいません。その際に具体的な手術日程、血液検査、レントゲン、3D-CT検査のご予約をしていただきます。

FLOW 3

各種検査

血液検査は当院で実施します。レントゲン、3D-CTは提携している医療機関で撮影していただきます。
これらの検査はカウンセリング当日にお申し込みいただくことも、実施することも可能です。カウンセリングのご予約の際にその旨お知らせ下さい。

FLOW 4

エラ削り手術

いよいよエラ削りの手術です。当日は再度専門医と最終確認の打ち合わせを行います。そうして更衣していただき、術前の写真撮影をおこないます。
エラ削りの手術時間は概ね2時間程度です。その後は麻酔から完全に覚醒するまで回復室でお休みいただきます。
しっかりと目が覚め、出血の状態等をチェックし、問題がないことを確認し、ご帰宅して頂けます。
手術時間は2時間程度ですが、その後の安静等は4、5時間は必要ですので、1日がかりの手術とお考えください。

FLOW 5

術後検診

術後の検診ですが、翌日、1週間後、1ヶ月後に途中の経過を確認します。翌日の検診ではドレーンを抜去しますので、20分程度のお時間がかかります。

FLOW 6

最終チェック

最終チェック
3ヶ月以降で仕上がりの最終チェックをします。ご希望の仕上がりになっているか、傷の状態等をすべてチェックし、問題がないことを確認して手術は終了です。何かしら気になること等があればその症状に応じて対応しますのでご安心下さい。

アゴ削り

FLOW 1

診察・カウンセリング

まず初めにお顔の写真を数枚撮影します。そうしてどう言った仕上がりを希望しているのかをお伺いします。最初に撮影したお顔の写真を使って細かな仕上がり等を確認します。その上で具体的な治療プランをご提案し、治療におけるリスクや注意点等をお話しします。

FLOW 2

手術のお申込み

アゴ削りの決心がつきましたら手術の申し込みをしていただきます。申し込みはお電話でもメールでもかまいません。その際に具体的な手術日程、血液検査、レントゲン、3D-CT検査のご予約をしていただきます。
カウンセリングの際に決心がついている場合は、カウンセリング当日に血液検査、レントゲン等の検査を受けていただけます。3D-CTについてその際にご予約を取っていただき後日改めて検査に行っていただく必要がございます。

FLOW 3

各種検査

血液検査は当院で実施します。レントゲン、3D-CTは提携している医療機関で撮影していただきます。
これらの検査はカウンセリング当日にお申し込みいただくことも、実施することも可能です。カウンセリングのご予約の際にその旨お知らせ下さい。

FLOW 4

アゴ削り手術

いよいよアゴ削りの手術です。当日は再度専門医と最終確認の打ち合わせを行います。そうして更衣していただき、術前の写真撮影をおこないます。
アゴ削りの手術時間は概ね1時間程度です。その後は麻酔から完全に覚醒するまで回復室でお休みいただきます。
しっかりと目が覚め、出血の状態等をチェックし、問題がないことを確認し、ご帰宅して頂けます。
手術時間は1時間程度ですが、その後の安静等は4、5時間は必要ですので、アゴ削りは1日がかりの手術とお考えください。

FLOW 5

術後検診

術後の検診ですが、1週間後、1ヶ月後に途中の経過を診させていただきます。何かございましたらその都度、症状に合わせた対処を致します。

FLOW 6

最終チェック

3ヶ月以降で仕上がりの最終チェックをします。ご希望の仕上がりになっているか、傷の状態等をすべてチェックし、問題がないことを確認して手術は終了です。何かしら気になること等があればその症状に応じて対応しますのでご安心下さい。

頬骨削り

FLOW 1

診察・カウンセリング

まず初めにお顔の写真を数枚撮影します。
ご希望の仕上がりイメージをお伺いし、写真を使って治療後のイメージ、手術の方法等をお話しします。
また、頬骨削りの手術・治療におけるリスクや注意点等をお話しします。

FLOW 2

手術のお申込み

頬骨削りの決心がつきましたら手術の申し込みをしていただきます。申し込みはお電話でもメールでもかまいません。その際に具体的な手術日程、血液検査、レントゲン、3D-CT検査のご予約をしていただきます。
カウンセリングの際に決心がついている場合は、カウンセリング当日に血液検査、レントゲン等の検査を受けていただけます。3D-CTについてその際にご予約を取っていただき後日改めて検査に行っていただく必要がございます。

FLOW 3

各種検査

血液検査は当院で実施します。レントゲン、3D-CTは提携している医療機関で撮影していただきます。
これらの検査はカウンセリング当日にお申し込みいただくことも、実施することも可能です。カウンセリングのご予約の際にその旨お知らせ下さい。

FLOW 4

頬骨削り手術

いよいよ頬骨削りの手術です。当日は再度専門医と最終確認の打ち合わせを行います。そうして更衣していただき、術前の写真撮影をおこないます。
頬骨削りの手術時間は概ね2時間程度です。その後は麻酔から完全に覚醒するまで回復室でお休みいただきます。
しっかりと目が覚め、出血の状態等をチェックし、問題がないことを確認し、ご帰宅して頂けます。
手術時間は2時間程度ですが、その後の安静等は4、5時間は必要ですので、頬骨削りは1日がかりの手術とお考えください。

FLOW 5

術後検診

術後の検診ですが、1週間後、1ヶ月後に途中の経過を診させていただきます。何かございましたらその都度、症状に合わせた対処を致します。
1週間後の検診ではもみあげ部分の抜糸を行います。

FLOW 6

最終チェック

3ヶ月以降で仕上がりの最終チェックをします。ご希望の仕上がりになっているか、傷の状態等をすべてチェックし、問題がないことを確認して手術は終了です。何かしら気になること等があればその症状に応じて対応しますのでご安心下さい。

おすすめの記事