美容整形・骨切り

小顔になりたい、顔の大きさや骨格でお悩みの方、美容整形の骨切りで今のお悩みを解消しませんか。美容整形の骨切りは外科矯正です。骨を直接削ったり、切り取ることであなたの望む輪郭、フェイスラインに整える治療ですので、一度の治療で一生涯変わることのない輪郭を手に入れることができます。

ここでは美容整形の骨切りの方法(アゴ削りエラ削り頬骨削り)から、治療の安全性、リスクや問題点についてご紹介します。

美容整形の骨切りって

はじめに
骨は切ったり、削ったりしても害はないの?

まず心配されるのは骨を削ったり、切ったりすることに対し、健康な体に何かしらの障害や、影響を及ぼさないのか?と言うことに不安・心配や疑問を持ってしまうでしょう。
美容整形の骨切りと言うのは、あくまで見た目の形状に変化を加える骨切りですので、何かしら問題を引き起こすようなことはありません。
骨というのは削っても再発することはありませんし、健康を害するような問題を引き起こすこともないのです。

どうやって骨を削るの?

どのように美容整形で骨切りを行うのかというと、基本的にはすべて口の中から治療します。口の中の口腔粘膜を少し切開し、そこから骨まで進入し、ターゲットとなる骨を露出させます。
骨を露出させたら、骨切りの機械で削っていきます。
骨切りの機械には数種類ありますが、ノコギリのような骨を切るものから、グラインダーと同じように削っていく器具があり、その方の希望する骨の形になるよう数種類の機械を使って新しい輪郭を形成します。
骨切りした部分というのは髄質部分が露出していますが、特に何か処置をしなくても数ヶ月経過すると正常な骨と同じように変化しますのでご安心下さい。

骨切りのできる場所

美容整形で行う骨切りは、アゴ、エラ、頬骨、口周りというのが主な治療部位です。もちろん、おでこ部分の骨も治療することができます。

骨切り術のご案内

アゴ削り

長いアゴ、前に出ているアゴ、後退しているアゴ、歪んでいるアゴなど、顎の骨(下顎骨)を削って形を整えたり、水平骨切りと言って顎の骨を切り離し、正常な位置で再固定してアゴの形を整える骨切りがあります。

(こんな悩みを解消できる)
長いアゴ
前に出ている顎
後退しているアゴ
大きな顎
歪んでいる顎
慶友形成クリニックの「アゴ削り」

エラ削り

エラが張っている、下顎が大きい、顔が四角いなど、エラの骨の悩みは美容整形の骨切りで解消できます。

(こんな悩みを解消できる)
エラが張っている
四角い顔
丸顔
ホームベース顔
顔が大きい

頬骨削り

頬骨が出ている、顔が大きい、頬が横に広がっているなど頬の骨の悩みは頬骨の骨切りで解消することができます。
頬骨の骨切りは、頬骨の基部を削って前面に出ている状態を解消する方法と、横に広がっている頬骨を解消させるリダクション法、2つの骨切り術があります。

(こんな悩みを解消できる)
顔が大きい
頬の位置が高い
頬が出ている
頬が横に広がっている

骨切りの麻酔って

骨切りの麻酔は全身麻酔が必須です。全身麻酔というのは、お薬を使い眠った状態で治療しますので、骨切りの途中で痛みを感じたり、苦痛を感じるようなことはありません。
また、全身麻酔は危険という評判もあるようですが、決して危険な麻酔法ではありません。当院では骨切りを担当する専門医、麻酔担当の麻酔医と言ったチームで骨切りを行いますのでご安心下さい。

▶︎骨切りの麻酔について

骨切りって痛いの?

骨を切る、それだけで強烈な痛みを想像するかもしれませんが、骨切りというのは強い痛みを感じません。骨の痛みではなく、周囲の組織の炎症による痛み、お口を開けるときなどに一定の痛みを感じることはありますが、骨が痛むようなことではありませんし、内服で十分コントロールが可能です。
また、当院には理学療法士が常駐しており、術後の開口などの問題を速やかに解消できるよう術後リハビリにも対応しています。

おすすめの記事