長いアゴ

長い顎を短くする方法

顎の長さ、大きさで悩んでいる方にとって輪郭に対する悩みやコンプレックスは切実なもの。
でも美容整形までは...と考えている方がほとんどでしょう。しかし、輪郭の悩みというのは美容整形以外に解消する方法はないのです。小顔矯正や美容整体でなんとかならないかと期待を持っている方も多いと思いますが、小顔矯正や美容整体で長い顎が短くなったり、顎の骨が変化するということは医学的にあり得ないことなのです。もちろん、エビデンス(医学的根拠)も存在しません。
長いアゴに対する悩みを解消できるのは美容外科による外科矯正でしか改善することはできないのです。
ここでは長いアゴを短くする方法についてご説明します。

(原因)

長い顎の原因は下顎骨「骨」が大きいということなのです。

長い顎

下顎骨は顎先を含めフェイスライン全体のフォルムを作っています。下顎骨の大きさ、形で顎の大きさ、形や歪みが決まっているのです。

(解決法)

長い顎を短くする方法。それは原因である顎(下顎骨)を削ることで根本的な解決ができるのです。
骨を削る?「痛そう」、「怖い」、「失敗したら...」などネガティブなことだけを想像していませんか。でも、実際に顎を短くするには、骨を削る、切る以外に変化させる方法はないんです。
小顔矯正や美容整体の効果に期待を持つ方が非常に多いのですが、外側からどれだけ力入れても、何度も繰り返しても骨の形が変化することはあり得ません。

顎の骨を削る方法
  1. 骨削り
  2. 水平骨切り
  3. 分節術

と言ったように主には3つの方法があります。

(骨削り)

骨削りというのは専用の医療機器で顎の外周を削って、骨のボリュームを小さくし、顎を短くします。

(水平骨切り)

水平骨切りというのは、顎の骨を水平に切り取り、真ん中の骨を取り除いて顎を短くします。

(分節術)

分節術というのは顎の骨をいくつかのパーツに切り分けて、余分な部分を取り除いて組み立てることで顎を短くします。

おすすめの記事