ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

アゴがない、アゴが後退している。でも手術までは踏み込めない、考えてない。手術を受ける前にどんな自分になるのかイメージを植え付けたい。そんな悩みを解消できるのが、ヒアルロン酸注射による輪郭補正・矯正です。

ヒアルロン酸注射による輪郭補正・矯正は、アゴ部分に直接ヒアルロン酸を注射し、ヒアルロン酸で顎の形、輪郭の土台を作り、輪郭を補正・矯正する治療技術です。手術とは違いダウンタイムは一切なく、誰でも手軽に受けることができるのが大きな特徴の一つです。

ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸とは、皮膚や関節など体の中にある物質(ムコ多糖類)。それを薬剤として作られたのがヒアルロン酸注射製剤です。整形外科領域や眼科領域では関節や眼球の治療として用いられていますが、美容医療では、シワやほうれい線の改善、鼻の形やアゴなどの輪郭補正・外科矯正として利用されています。

ヒアルロン酸注射でできること

輪郭の整形としてヒアルロン酸注射でできることをご紹介します。

  • 鼻を高くする
  • 顎の形を変える
  • おでこを丸くする
  • 鼻筋を通す
  • Vラインの顎にする
  • こめかみの凹みを解消する
  • 顎を出す
  • 頬をふっくらさせる

治療の流れ

ヒアルロン酸注射の治療の流れをご案内します。
まずカウンセリングで希望している部位を確認します。そうして注射する部分に麻酔クリーム(麻酔シール)を塗って、表面を麻酔します。
麻酔の効果が出現したら、ヒアルロン酸を注射します。
注入中は鏡で見ながら状態を確認することができます。希望する形状に仕上がったら終了です。鏡で確認しながら治療しますので効果には十分満足することができます。
治療時間は概ね10分程度です。(麻酔時間を除く)

さらに詳しい治療の流れ

ヒアルロン酸製剤について

ヒアルロン酸注射で用いる薬剤ですが、当院で使用しているのはアラガン社のジュビダームシリーズです。採用している理由は、厚生労働省が承認していることから現在使用できるヒアルロン酸製剤の中では極めて安全性が高いと判断しています。
他にもさまざまな種類のヒアルロン酸製剤がありますが、当院では安全性と利用しやすさの面からアラガン社のジュビダームシリーズを使用しています。

さらに詳しいヒアルロン酸製剤について

ヒアルロン酸注射のリスクと問題点

ヒアルロン酸注射のリスクと問題点についてお話しします。
ヒアルロン酸注射は、局所的に注射することで形を整えるので手軽さがウケ、非常に人気の高い治療の一つです。注射だけなのでリスクは少ないと思われる方が多いのですが、ヒアルロン酸注射には大きなリスクがあります。それは血流障害です。注射によって血管を傷つけてしまうこともありますし、留置したヒアルロン酸が血管を圧迫してしまうことで組織にダメージを与えてしまう可能性があります。
もちろんこれらの状態というのはあくまで可能性の問題です。
絶対にトラブルを起こさないと誰も断言することは残念ながら言えません。こう言ったトラブルを引き起こさないように慎重に治療することは大事ですが、それ以上に重要なのは問題を引き起こした時に速やかに正しい対処をすることです。

ヒアルロン酸注射のリスク

血流障害

ヒアルロン酸注射で一番大きな問題がこの血流障害です。血管を傷つけることよりもヒアルロン酸を大量に注入してしまい血管が圧迫されることによる血流障害はさらに重篤です。皮膚の壊死や局所的な感覚麻痺・鈍麻といった症状を引き起こします。

硬結

注入したヒアルロン酸の周囲の組織が硬くなってしまうことです。時間の経過で改善します。

内出血

一番よくあるのが内出血です。細かな血管を傷つけてしまうことで出てしまう症状です。数日で消失します。

アレルギー

基本的にはアレルギー反応を引き起こさない、起こしにくいとされていますが、絶対に起こさないということではありません。

ヒアルロン酸注射の問題点

ヒアルロン酸注射の問題点ですが、多くの方は「どうせ受けるなら」という思いから、少し過剰な仕上がりを求めやすい傾向にあります。もちろん、ヒアルロン酸というのは注入すればするほどボリュームが増えるわけですから大きな変化を加えることができます。しかし、ヒアルロン酸がジェル状の素材です。大量に注入しても皮膚の硬さや伸縮性の乏しい方の場合、横に広がってしまったりして思うような形を作れないと言ったこともあります。
ですので過剰な表現はしないほうが良いということを十分理解しておくことです。そう言った場合は、シリコンプロテーゼ(人工軟骨)などを使った治療をお勧めすることもあります。

さらに詳しいヒアルロン酸注射のリスクと問題点について

ヒアルロン酸注射の持続効果について

ヒアルロン酸は時間の経過ですべて吸収されてしまいます。そのためずっと効果を維持させたい場合は定期的な注射が必要となります。注入したヒアルロン酸は2年弱ですべて吸収されるのですが、効果が2年弱持続する訳ではありません。
体に注入されたヒアルロン酸は少しずつ時間をかけて徐々に分解・吸収されるのです。ある日突然分解・吸収される訳ではありません。一般的に注入されたヒアルロン酸が半分程度吸収されてしまうと効果が落ちてきたと感じる方が多いのですが、部位によっても違います。
ほうれい線などのヒアルロン酸は半分吸収されると効果が落ちたって思うのですが、鼻や顎、こめかみなどの場合は半分程度吸収されてもそれほど効果が無くなったと感じにくい傾向にあります。
なので輪郭補正の場合、1年以上は効果が持続すると考えて問題ありません。もちろん個人差はあります。

ヒアルロン酸注射の料金

ヒアルロン酸注射は使用したヒアルロン酸製剤の量で料金が変動します。当院で使用するヒアルロン酸製剤はすべて1.0mlのものです。料金表にあるヒアルロン酸製剤はすべて1.0mlの金額です。注入費用や標準麻酔(麻酔クリームや麻酔シール)はすべて含んでいます。

おすすめの記事