フルライン

フルライン

下顎が全体的に大きい、顔が大きい、Vラインのように小さな顎に変わりたい。これら輪郭のお悩みはフルラインで解決することができます。フルラインとは、顎、エラなど下顎骨全体を削ることで新しい輪郭、フェイスラインを作る輪郭の整形手術です。下側のフェイスライン全体を治療するため仕上がりに対する自由度が非常に高く、Vラインを含めさまざまな輪郭に整えることができるのが最大の特徴です。

フルラインは広範囲に及ぶコツ切りであるためフルラインの治療を実施できる美容外科は数少ないのですが、当院では実施可能です。

Approach
~ フルラインのアプローチ方法 ~

フルラインはすべてお口の中(口腔内)からアプローチして、下顎全体(顎、エラの両方)の骨を削っていきます。口の中だけですので表面上に傷跡が残る訳ではありません。
ただし、術後にドレーンを挿入する場合もあり、その場合、一時的にドレーンの傷が残ります。時間の経過で消失しますのでご安心下さい。
また、抜糸の必要がなく、吸収糸を用いますので2週間程度で糸が脱落していきます。ただし、糸が気になる方、時間が経過しても糸が残っている方などは抜糸いたします。

Operation
~ フルラインの治療・手術の方法 ~

フルラインによる輪郭、小顔形成の実際の治療方法についてご案内します。フルラインはアゴ削りとエラ削りの両方、下顎全体を同時に行う小顔矯正手術です。

フルライン6つの治療工程

全身麻酔デザイン・局所麻酔口腔粘膜の切開・下顎骨の露出
骨切り・骨削り洗浄・仕上げ傷の縫合

- Process01
全身麻酔

フルラインは全身麻酔下で行う手術です。お薬(点滴)を使って眠らせた状態にし、痛みなどを完全に遮断した状態でフルラインを実施しますので手術中に目を覚ましたり、痛みを感じるようなことはありません。
薬で眠ることに不安を感じる方が多いのですが、全身麻酔は経験・実績が豊富な麻酔医、整った医療設備の下で行う場合は非常に安全な麻酔法です。
当院では麻酔は、麻酔医が担当していますのでご安心下さい。

- Process02
デザイン・局所麻酔

切開する部分の口腔粘膜に切開する部分のデザインを描きます。そうして口腔粘膜、骨切りを行う下顎骨全体に局所麻酔を行います。

- Process03
口腔粘膜の切開・下顎骨の露出

下顎側の口腔粘膜を電気メスもしくはレーザーメスで切開し、さらに奥深くの下顎骨まで進みます。
そうして下顎骨までたどり着いたら骨膜を丁寧に剥がし、下顎骨全体をしっかりと露出させます。

- Process04
骨切り・骨削り

下顎骨に骨切りのデザインを描きます。そうして描いたデザイン通りに、下顎骨、エラ(下顎角骨)を削っていきます。

- Process05
洗浄・仕上げ

フルラインは広範囲の骨を削りますので、多くの骨片等が出てしまいます。骨片は腫れや感染の誘因にもつながりますのでしっかりと丁寧に洗浄します。仕上がりの通りに削れていることを確認します。

- Process06
傷の縫合

たるみを生じさせないよう内部の固定等を行い、問題がなければ傷を縫合してフルラインを終了します。

Progress
~ フルライン・術後の経過 ~

フルラインの術後の経過と状態についてご紹介します。

術後の腫れ

フルラインの術後の腫れですが、翌日がピークで大きな腫れが2、3日続きます。その後少しづつ腫れが落ち着き始めます。7日で50、60%、10日から2週間程度で80、90%の腫れが落ち着きます。
軽い浮腫まで含めるともう少し長くなりますが、不自然な状態が長期化することではありません。

術後の痛み

フルラインの術後の痛みですが、手術の影響による痛みというのは数日で解消します。痛み止めの内服を処方しますので、激しい痛みや持続するような苦痛を伴うことはありません。ただし、お口を開ける時に咬筋が刺激され筋肉痛のような痛みを伴うことが一時的に感じることがあります。
軽い運動によって痛みも早期に回復させることが可能です。当院は術後リハビリにも対応しています。

開口障害

術後の比較的多いのが開口障害です。これは手術によってエラ部分を強く刺激してしまうため、口を開けるときに痛みを感じ、開けにくくなったりすることがあります。
当院には術後回復のリハビリを指導できる理学療法士が常駐していますので、ご希望に応じ術後リハビリや運動指導によって早期に回復させることができます。

感覚鈍麻

手術の影響によって術後一定期間、顎の周囲、頬からエラ部分にかけての感覚が鈍くなることがあります。時間の経過で改善しますが、気になる方には内服や術後ケアで早期の回復をさせることも可能です。

内出血

フルラインの場合、皮下出血は非常に少なくあまり表面に出現することはありません。万一、内出血が出現しても数日で回復します。内出血が長期化したり、色が残るようなことはありませんのでご安心下さい。

傷跡について

フルラインはお口の中から治療しますので皮膚表面に何かしらの傷が残ることはありません。ただし、ドレーンと言って術後に出てしまう血液やリンパ液を排出させるための管をエラ部分から露出させていますので、注射痕が数日残ることがありますが、時間の経過で消失します。

Price
~ フルラインの実際の費用 ~

慶友形成クリニックのフルラインの費用をご紹介します。
当院では個人差による追加加算等はございません。下記の表示料金でフルラインを受けて頂くことが可能です。

フルライン(ハーフ)
1,000,000
フルライン
1,400,000
全身麻酔
120,000
上記以外に必要な料金
初診料
3,000
血液検査
10,000
レントゲン等
4,000
フェイスマスク
5,000
3D-CT
20,000
※ 別途、消費税
※ 再診料は無料
おすすめの記事