エラ痩せの方法

エラ痩せの方法

小顔になりたい、スリムなフェイスラインに変わりた。そんな憧れを持っている方、“エラ痩せ”を実現し、なりたかった理想の小顔、フェイスラインを手に入れませんか。
見た目の印象はエラ痩せ一つで大きく変わります。
ここではエラ痩せの方法について詳しくご案内いたします。

エラが大きく見える原因

エラが張っているのは生まれつき?それとも生活習慣などで張ってしまうの?
エラ張りと言うのは基本的には遺伝要素が強いと考えるべきです。もちろん遺伝ではなく、咬筋と呼ばれる筋肉が発達してしまうことによってエラが張ってしまうこともありますが、エラ張りの多くは骨の問題が多いのです。
エラ痩せを知る前にエラ張りの原因、構造について説明しましょう。

エラって

そもそもエラと言うのは、下顎角骨(エラ骨)がハリでた状態や、咬筋が肥大して大きくなってしまいフェイスラインの広がりを強調してしまった状態の輪郭を言います。

エラ部分の構造

エラ部分の構造についてご説明します。
エラ部分の大きさ・形状を決めるのは主に3つのパーツで決まります。それが下顎角骨(骨)、咬筋(筋肉)、たるみ(皮膚)この3つがエラ・フェイスラインの大きさ、顔の大きさを表現してしまいます。

下顎角骨

下顎角骨とは、下顎骨(下顎の骨)のこの部分を言います。エラが張っている、広がって見えるのは、骨が原因である方が非常に多いのです。骨は生まれつきの問題であり、自分自身では変えることはできません。

美容整体の小顔矯正やマッサージでエラの骨を痩せさせるとありますが、骨というのは外部の力で変形することはありません。マッサージや整体矯正で変化することも絶対にあり得ません。変化したように見えるのは骨ではなく、皮下脂肪や水分が一時的に移動したものであり、数分から数時間で確実に元に戻ります。

エラ痩せするために必要なのは骨を削ること、切ってしまうことです。
それが輪郭の整形手術「エラ削り」と言う方法です。

咬筋

皮膚のたるみ

おすすめの記事