エラ削り

顔を小さくしたい、輪郭をシャープにしたい、小顔になりたい。フェイスライン、輪郭への憧れを持っている方は多いと思います。そんな方のお悩みを解消することができるのが外科矯正「エラ削り」という治療です。
小顔矯正で満足できましたか? 現実的な効果は整体や美容整体で変わることは不可能です。なぜなら輪郭の大きさというのは成人すると全く変化することはありません。
エラ削りによる小顔整形であなたの憧れのフェイスラインを叶えてみませんか。

エラ削り

横に広がっている輪郭、丸顔。これら輪郭の悩み、コンプレックスを根本的に解消することができるのがエラ削りです。輪郭を表現する土台となる頭蓋骨の中でも下顎部分の骨は輪郭全体の大きさや形を表現してしまう大切な部分です。外科的に矯正する輪郭の整形はあなたが思い描く理想のフェイスラインを現実のものとする唯一の治療です。
特にエラの広がりや、四角い顔などは美しさを大きく損ねてしまう要因になるためコンプレックスとして感じてしまう方も少なくありません。ヘアスタイルやメイクでアレンジするといっても誤魔化すか、隠すことしかできません。
しかし、エラ削りはあなたの骨格そのものに変化を加えることができるので自然で美しい輪郭を手にすることができるのです。

エラ削りとは

エラ削りとは、下顎の骨のエラ部分(下顎角骨)を中心とし、下顎角骨を削ることで横に広がっているエラを無くしたり、四角い輪郭をシャープに整えたり、小顔に変える事ができる、変わることができる輪郭整形手術のことです。
骨格の形状を根本的に変化させる事ができるので一度エラ削りを受ければ一生涯広がっているエラで悩むことはありません。エラ削りはあなたの望む理想のフェイスライン、小顔を叶えることができる矯正(外科矯正)なのです。

こんな方におすすめ

エラ削りは外科的に骨を削ることによって矯正する外科矯正の一つです。以下のようなお悩みを持っている方、輪郭を望んでいる方におすすめです。

  • エラが張っている
  • 小顔にしたい方
  • 正面の顔を小さくしたい方
  • 角張ったフェイスラインをなめらかな曲線にしたい方
  • 卵型の輪郭にしたい方
  • 他院で手術をして結果に満足できなかった方

外科的に矯正するため、後戻りなどの心配がなく、一度のエラ削りで一生涯の輪郭を手にすることができます。この治療はエラの広がりに悩むことのない小顔を手にすることができるのが最大のメリットです。

私たちのエラ削り

エラ削りは小顔、広がって見えるフェイスラインを小さく整えるための輪郭外科矯正手術です。安全性を追求するのは当然ですが、私たちはあなたの要望、仕上がりのゴールを明確にし、ここでエラ削りを受けて良かったと安心して頂けるよう常に心がけています。

こだわりと治療方針

エラ削りといっても下顎角骨(エラ部分)だけを削るエラ削りもあれば、全体的なサイズダウンを望んでいるエラ削りもあり、治療方針・治療プランはさまざまです。大切なのはどんな状態であっても確実に満足のいく仕上がりに整えるということ。私たちはこれまでの経験と実績を生かしてあなたの望む輪郭をお約束します。

正面から見た時の横幅に変化を加える

正面から見た時の輪郭の横幅を狭くするという場合は、下顎角骨が明らかに広がっているタイプであれば容易ですが、あまり広がりを見せない輪郭であれば、術後の変化にあまり満足できない可能性があります。そのため、私たちは外板切除によるエラ削りで横幅を変化させるなどしてより小さなフェイスライン、小顔を叶えるエラ削りを行っています。
また、必要に応じ咬筋の萎縮治療やバッカルファットの除去などを併用し、よりエラ削りの効果を引き出す治療を併用します。

横顔から見た時のエラの大きさに変化を加える

横顔から見たときのエラの変化ですが、エラ部分(下顎角骨)だけの切除だけではなく、顎からの全体のバランスを考慮し、外板部分や下顎骨基部(ボディ部分)を含め変化を加えるようなエラ削りを行っています。

エラ削りの実際

エラ削りについて実際の治療方法から、治療の流れ、料金・費用、術後の経過についてご案内致します。まずは私たちのエラ削りを知って下さい。

治療法詳細

ここでは私たち慶友形成クリニックのエラ削りの術式、手術へのこだわりと対処法、麻酔等についてご紹介します。

Approach
〜 アプローチ方法 〜

エラ削りはすべてお口の中(口腔内)からアプローチして、下顎角骨(エラ)を削っていきます。
お口の中だけですので表面上に傷跡が残ることはありません。

エラ削りの傷跡

ただし、術後にドレーンを挿入する場合もあり、その場合、一時的にドレーンの傷が残ります。時間の経過で消失しますのでご安心下さい。
また、エラ削りは抜糸の必要がなく、吸収糸を用いますので2週間程度で糸が脱落していきます。ただし、糸が気になる方、時間が経過しても糸が残っている方などは抜糸いたします。

Operation
〜 治療・手術の方法 〜

エラ削り(下顎角骨形成)の実際の治療方法についてご案内します。

(エラ削り6つの治療工程)

全身麻酔デザイン・局所麻酔口腔粘膜の切開・エラ骨の露出
エラ骨削り洗浄・仕上げ傷の縫合

- Process01
全身麻酔

エラ削りは全身麻酔下で行う手術です。お薬(点滴)を使い眠った状態にし、痛みなどを完全に遮断した状態でエラ削りを実施しますので手術中に目を覚ましたり、痛みを感じるようなことはありません。
薬で眠ることに不安を感じる方が多いのですが、全身麻酔は経験・実績が豊富な麻酔医、整った医療設備の下で行う場合は非常に安全な麻酔法です。
当院では麻酔は、麻酔医が担当していますのでご安心下さい。

- Process02
デザイン・局所麻酔

エラ削り_デザイン

左右の切開する部分の口腔粘膜に切開する部分のデザインを描きます。そうして口腔粘膜、骨切りを行うエラ(下顎角骨)部分に局所麻酔を広範囲に行います。

- Process03
口腔粘膜の切開・下顎骨の露出

デザインで描いた左右の切開ラインの通り、口腔粘膜を電気メスもしくはレーザーメスで切開し、さらに奥深くまで進みます。下顎骨までたどり着いたら、骨膜を丁寧に剥がし、エラ(下顎角骨)まで広げていきます。そうしてエラをしっかりと露出させます。

- Process04
エラ骨切り・削り

エラ削り_手術

下顎骨のボディ部分を広範囲に削ります。
次に予定している骨切りの通り、エラ(下顎角骨)を切り離したり、削ることによってエラを小さくします。

エラ削りのオペ後

エラを削った状態
エラを削る方法

エラを削ると言っても単純に削っていく方法もあれば切り取る方法などいくつかの手法があります。
エラ削りの手法の選択は、切り取るエラの大きさだけでなく、お口の大きさ、お口からのエラ(下顎角骨)の長さで違ってきます。

- Process05
洗浄・仕上げ

エラ削りは多くの骨片等が出てしまいます。アゴ削りとは違い、エラ削りの場合、奥深い位置ですので骨片が残りやすく、それらが多く残存してしまうと腫れや感染の誘因にもつながりますのでしっかりと丁寧に洗浄します。左右差をチェックし、仕上がりの通りに削れていることを確認します。

- Process06
傷の縫合

仕上がりに問題がなければ左右の傷を縫合し、ドレーンを挿入してエラ削りを終了します。

治療の流れ

エラ削りの全体的な治療の流れ、カウンセリングからエラ削りが完成するまでの流れについてご説明します。

治療の流れ

FLOW-1 カウンセリング

カウンセリングではあなたのお顔の写真を利用し、具体的な治療や仕上がりのイメージを作り、あなたの希望する仕上がり、ゴールについて確認します。そうしてあなたが受ける可能性のある治療におけるリスクや注意点などを詳しく専門医がお話し致します。
カウンセリングのお時間は概ね30、40分程度とお考え下さい。

FLOW-2 各種検査

エラ削りを受けていただくには、血液検査、胸部のレントゲンや心電図、頭部の3D-CTなどの検査が必要です。レントゲンや3D-CTの検査は連携クリニックで受けて頂きます。

FLOW-3 術前相談

術前相談はエラ削りの手術当日でも構いませんし、事前に受けていただいても構いません。その際に3D-CTなど各種検査に基づいて具体的な治療プラン等を詳しくご説明します。

FLOW-4 エラ削りの手術

エラ削りの手術そのものは2時間程度です。しかし、事前の準備や術後の麻酔の回復等を考えると1日がかりの治療とお考えください。入院は不要で日帰り手術です。
術後はドレーンを装着していますので、お近くのホテルに宿泊シテ頂くことを推奨しています。ホテルの宿泊予約も承っております。お気軽にお申し付けください。

FLOW-5 術後の検診

エラ削りの術後の検診ですが、基本的には翌日、抜糸、1ヶ月、3ヶ月以降で状態を確認、チェックします。

FLOW-6 最終チェック

3〜6ヶ月後にエラ削りの仕上がりの最終チェックを行います。最終チェックでは治療を行なった専門医が、仕上がりの確認、お口の中の傷の状態など細かくチェックし、異常がないことを確認します。ここで問題がなければエラ削りの治療が終了となります。
もし万一、何かしらの不都合や気になるこがあればその都度対処しますので、後悔させない満足のいく結果を実感して終了としています。

術後から完成までの経過

Progress
〜 術後の経過 〜

エラ削りの術後から完成までの経過と状態についてご説明します。

術後経過のタイムテーブル

翌日
ドレーンを挿入していますのでそれを抜去します。腫れが強いので外出することもないと思いますので、ご自宅にいる間はフェイスマスクを装着し、安静にしていただくことが望ましいです。お口を動かさなければ痛みを感じることはありません。
2〜3日
腫れが一番のピークです。できる限り腫れを早期に回復させるようフェイスマスクを装着していただきます。お口を動かさなければ痛みはありません。食事については大きく口を開けることは困難ですので、流動性のあるもの、軟らかいものを
4〜7日
腫れが少しずつ軽減してきます。一気に腫れが引くわけではありませんので日々の変化というのは感じにくいと思います。少しずつお口を開けるのも楽になってきます。
10〜14日
ほぼ気になる腫れは落ち着いています。お口の動作も速やかになるでしょう。エラ削りの縫合は吸収糸を使いますので抜糸は不要ですが、基本的には抜糸を推奨しています。
エラ部分の咬筋に少し硬さが出てしまうことがあります。それは自然な経過ですので問題ありません。

1ヶ月
ほぼ仕上がりの状態です。エラ削りの手術を受ける前と日常生活においてなんら違いはありません。
3〜6ヶ月
完全に仕上がりの状態ですのでこれまでと全く変わりはありません。

状態・症状

Progress
〜 術後の経過 〜
エラ削りの術後の経過と状態についてご紹介します。

術後の腫れ

エラ削りの術後の腫れですが、翌日がピークで大きな腫れが2、3日続きます。その後少しづつ腫れが落ち着き始めます。7日で70〜80%、10日から2週間程度で80、90%の腫れが落ち着きます。
軽い浮腫まで含めると少し長いと思われますが、その状態は決して不自然ではありません。し、長期化することもありません。

術後の痛み

エラ削りの術後の痛みですが、手術の影響による痛みというのは数日で解消します。痛み止めの内服を処方しますので、激しい痛みや持続するような苦痛を伴うことはありません。ただし、お口を開ける時に咬筋が刺激され筋肉痛のような痛みを感じることが一時的にあります。
痛みについては積極的に治療しますので遠慮なくお知らせ下さい。

開口障害

術後に比較的多いのが開口障害です。これは手術によってエラ部分を強く刺激してしまうため、口を開けるときに痛みを感じ、開けにくくなったりすることがあります。
当院には術後回復のリハビリを指導できる理学療法士が常駐していますので、ご希望に応じ術後リハビリや運動指導によって早期に回復させることができます。

感覚鈍麻

手術の影響によって術後一定期間、下側の唇、頬からエラ部分にかけての感覚が鈍くなることがあります。時間の経過で改善しますが、気になる方には内服や術後ケアで早期の回復をさせることも可能です。

内出血

エラ削りの場合、皮下出血は非常に少なくあまり表面に出現することはありません。万一、内出血が出現しても数日で回復します。内出血が長期化したり、色が残るようなことはありませんのでご安心下さい。

傷跡について

エラ削りはお口の中から治療しますので皮膚表面に何かしらの傷が残ることはありません。ただし、ドレーンと言って術後に出てしまう血液やリンパ液を排出させるための管をエラ部分から露出させていますので、注射痕が数日残ることがありますが、時間の経過で消失します。

将来的な問題

エラ削りで満足のいく結果を得られました。これから先、どのような変化を辿るのか。ネットなどではメンテナンスや美容整形を受けたあと顔が崩れるといった噂があるのは事実です。実際にエラ削りを受けた後、10年、20年、その先に何かしらの問題を引き起こすのかということについてお話しします。

メンテナンス

エラ削りを受けた後のメンテナンスですが、全く不要です。術後の最終チェックで問題がないことを確認できればその先に何かしらのメンテナンスが必要になることは一切ありません。

顔が崩れる

エラ削り、美容整形を受けた数十年後に顔面が崩壊するといった噂はあります。しかし、それは全て嘘です。なんの根拠もありませんし、少なくとも私たちは20年以上前からエラ削りを行っていますが、その患者さんを見てもなんら問題を引き起こしたこともありません。また、小児の頭蓋骨の治療を行うクラニオ外来の経験も私たちにはありますが、将来的にエラ削りによって引き起こされる顔面の崩れなどの事例もありません。
ただし、問題は別にあります。それはさまざまな治療を受けた後、顔を見慣れてしまうともっと強い欲求を感じる方も一定数見られます。そういった方が適切でない治療を受けることによって問題を生じてしまうことは多くあります。
適切なエラ削りによって将来的に顔が崩れるといったことは絶対にあり得ませんのでどうぞご安心下さい。

Price
〜 エラ削りの実際の費用 〜

慶友形成クリニックのエラ削りの費用をご紹介します。
当院では個人差による追加加算等はございません。下記の表示料金でエラ削りを受けて頂くことが可能です。

エラ削り
800,000
全身麻酔
120,000
上記以外に必要な料金
初診料
3,000
血液検査
10,000
レントゲン等
4,000
フェイスマスク
8,000
3D-CT
22,000
※ 別途、消費税
※ 再診料は無料

エラ削りの術後・問題点

ダウンタイム

エラ削りの術後のダウンタイムですが、基本的には1〜2週間程度です。
強い腫れが2〜3日持続し、その後少しずつ腫れが落ち着いてきます。術後1週間で概ね7〜8割の腫れが引いている方がほとんどです。エラ削りの場合、術後の見た目の問題というのは腫れだけです。内出血はほとんどありませんし、傷跡も表面にはありませんので明らかに不自然な状態が長期化するようなことはありません。

ダウンタイム:10日程度
※もちろん個人差はありますが、長期化するようなことはありません。

後遺症・失敗

エラ削りの後遺症や失敗などの問題点をご説明します。私たちはここで説明する後遺症などを引き起こすことのない術式の開発、万一の対処法を含め常に安全で効果的なエラ削りを行っていますので安心してエラ削りを受けて頂けます。

エラ削りの失敗

エラ削りの失敗についてはエラ削りを行う医師側の問題だけとは限りません。ここではエラ削りを受ける上で失敗しないポイント、私たちの対策と取り組みについてご紹介します。

結果に満足できない

エラ削りを受けたけれど思っていたような、希望している仕上がりにならなかったと言う問題ですが、それはカウンセリングに影響があるとお考えください。実際に術後の仕上がりのイメージについて、エラ削りを受ける患者さんと、医師側に差が生じているとエラ削りが適切に行われていたとしてもゴールが違うため結果には満足することはできません。
大切なのはカウンセリングです。実際にどういった仕上がり、完成形を求めるのかと言うことを双方が正確に把握するのがカウンセリングの場なのです。
私たちは実際にあなたのお顔の写真を使って具体的な仕上がりを共有しながら治療プランをご提案しますので、結果に満足できないといったことは起こしませんのでご安心下さい。

削り残し

エラ(下顎角骨)の削り残しがあると効果に対する満足度が違います。エラ削りというのは単にエラ部分を削るだけではありません。下顎全体のバランス、顔の大きさなどを考慮し、どの角度でどの程度削ることが有効かということを正確に判断する必要があるのです。
慶友形成クリニックでは3D-CT等を用い、具体的な治療プランを立てて正確なエラ削りを実施していますので、削り残しであったり、術後の結果に満足できないということはありません。

段差

エラ削りは基本的な治療は全てお口の中から治療します。そのため術野の展開が難しく、細かな削りが疎かになるケースも少なくありません。私たちは見た目の問題だけではなく、フェイスラインを触った時にも違和感を感じない、段差等の不自然さを感じないよう細かなエラ削り、骨切りを行っています。

左右差

もともと輪郭は多くの場合、左右非対称です。もちろん、エラ削りではその左右差をできる限り揃えるように治療しています。そのためには単なるレントゲン検査だけではなく、3D-CT等の画像診断で、細かな治療デザインを描くことで、左右差に対する問題を解消しています。片側に合わせるエラ削りにも対応していますのでお気軽にご相談ください。

エラ削りの後遺症

エラ削りの後遺症については、基本的にはすべて時間の経過で改善するものばかりですので後遺症として残ってしまうような問題というのはないとお考え頂いて問題ありません。

感覚の麻痺

実際にエラ削りで治療する部分というのは広範囲ではないのですが、口腔内からアプローチしますので治療する部分を広げる必要があるため周辺組織や神経を一時的にですがダメージを与える可能性があります。そのため術後の回復期より炎症を伴うことによって感覚等が鈍くなったり感じなくなったりする場合がございます。
私たちはこれらの症状を早期に回復させるよう積極的な内服治療、温熱療法(インディバ)やPNF(マルチウエーブ波)を使った神経の回復を短期化させるよう努めています。

開口障害

エラ削りの場合、骨切りによって咬筋周辺の強い炎症や手術そのものの開口動作によって術後一時的にお口を開ける動作が困難になることが予想されます。時間の経過で全てこれまで通りには戻りますが、症状の緩和のために私たちは術後の回復リハビリとして理学療法士が直接治療にあたる術後ケアプログラムも準備しています。
美容外科における術後回復リハビリの取り組みは私たちだけの特別な術後ケアの一貫です。どうぞご安心下さい。

リスク・副作用

エラ削りで起こりうるリスク・合併症、副作用について解説します。エラ削りで起こる可能性のあるリスクというのは、以下の問題が想定されます。副作用等を引き起こさないよう、万一引き起こした場合でも早期に回復させるよう私たちはさまざまな取り組みを行っています。

術後感染

エラ削りは外科手術という性質上、創部に雑菌等が侵入し、創部に感染層を作り出すことことは否定できません。
医療機材というのはすべて滅菌処理され使用するのは当然のこと。それを扱うスタッフも十分教育する必要があります。しかし、それだけでは実は不十分なのです。
手術室に必要なもの。それは手術室の環境にあります。私たちの手術室は国内で唯一、正常度をNASAの規格に合わせた特別なクリーンルームです。
見た目の清潔さではなく、医療的な清潔さを追求した手術室ですので空気中の落下細菌等も全て除去することで、衛生環境を最高水準まで高めています。万一の感染に備えた治療環境というのはエラ削りを含めた骨切りには必須の設備であると考えています。
一般的には万一、感染を引き起こした場合、洗浄や抗生剤の投与によって回復を図りますが、重要なのは感染させないことです。それは手術室の環境が影響することを知っておいて下さい。

血腫

術後に出血することは、稀にですがあります。特にエラ削りの術後12時間は十分注意する必要があります。私たちは術後のドレッシングを徹底し、しっかりと創部を圧迫止血すること、万一に備えドレーンを留置し、出血しても溜めないような取り組みを行っています。また、ドレーンの留置は血腫を予防するだけでなく、リンパ液の排出も速やかにするため腫れを最小限に止め長期化させないメリットもあります。

感覚異常

エラ削りの場合、お口の周りの表情筋を支配している顔面神経が隣接しており、万一、ダメージを与えてしまうと表情を壊してしまったり、麻痺等の問題を引き起こすことがあります。
これらはあくまで不慣れな術野の確保や、経験不足による操作ミス等です。私たちはエラ削りの経験実績は20年以上ある専門医です。安心してエラ削りを受けて頂けます。

エラ削り

FAQ
〜 エラ削りに関するQ&A 〜

エラ削りに関するさまざまな疑問、質問にお答えします。

エラ削りの術後の腫れはどれくらい続きますか?その腫れは大きな腫れですか?

エラ削りの腫れの強さですが、骨切り、骨を削る範囲によってその程度は大きく違ってきますが、基本的には大きく晴れるとお考えください。腫れる場所は下顎全体に広がります。今はマスクの装着が自然な状態ですので、3、4日以降であればマスクを着用すれば外出は可能です。
腫れの強さは1、2日がピークで5、6日後には7割程度の腫れが落ち着くでしょう。腫れや内出血を最小限に止めるよう術後から翌日までしっかりと圧迫・ドレッシングをし、ドレーンで血液やリンパ液を溜めないよう工夫しています。

エラ削りの術後の痛みはどれくらい続きますか? 痛みの程度も知りたいです。

痛みに対し不安を持たれる方が多いのですが、エラ削りの術後の痛みですが、お口を動かさなければ強い痛みを感じることはありません。エラ削りの場合、咬筋付近に強い炎症を引き起こしますので、お話をしたり、食べ物を食べる時など開口時痛みを感じることはありませんが、持続的な痛みを感じることはありません。処方する内服薬で十分コントロールすることができますのでご安心下さい。

もともと左右が対象ではありません。左右対称に合わせることは可能でしょうか?

もちろん可能です。左右差を整える場合は状態によって両側の治療ではなく片側の治療だけで改善する場合もあります。

術前の検査にある3D-CTは必要ですか?

エラ部分の骨(下顎角骨)を把握する上で骨の画像はより精度を高めることができますので検査は推奨しています。

傷が心配です。どこにどの程度の傷が残りますか?

エラ削りは皮膚を一切切開することはありません。すべてお口の中から治療しますので傷跡の心配はございません。

エラをスティック状に削ることはできますか? クリニックによって削ることができるということろもあれば、できないというところもあるのでわからないんです。

スティック状にエラを削ることに対応しています。ただ勘違いしてはいけない大切なことがあります。それはスティック状に削ることを目的としていませんか? エラをスティック状に削ったとしても、その削られたスティック状の骨は捨ててしまう部分です。大切なのはあなたのフェイスラインです。仕上がりの形状が何より優先されるべきです。エラを削る方法というのはいくつもの手法があります。スティック状に削ることが正しいエラ削りではありません。あなたの輪郭にスティック状に削ることが正しいのであれば、そう言った手法が望ましいのですが、スティック状に削ることが大幅な変化・結果を得られるわけではないということは知っておいて下さい。

おすすめの記事