麻酔

輪郭整形における麻酔法

輪郭の整形と言ってもさまざまな方法や術式があります。
ここでは輪郭の整形で行っているさまざまな麻酔方法についてご案内します。

麻酔とは

治療や手術を行う際、皮膚に針を使って注射したり、メスを使って皮膚を切開したり、その傷を縫合したりします。その際、麻酔をしていなければ激しい痛みを感じますから、治療や手術を継続することなんてできません。
その際に用いられるのが「麻酔」です。
範囲の少ない治療部位であれば、局所麻酔を浸透させ、痛みの感覚を一時的になくし、治療や手術を継続させますし、範囲の大きいな手術や治療であれば、全身麻酔や静脈麻酔と言った麻酔方法で、痛みを遮断し、治療や手術を行います。
どの麻酔法で手術や治療を行うのかというのは、それぞれの治療法や患者さんの要望に応じて決定します。

全身麻酔

全身麻酔とは、麻酔薬を中枢神経に作用させて、完全に意識の無い状態にさせる麻酔方法。意識の消失、無痛、筋弛緩、有害反射の予防などの効果があり、手術中の痛みを感じることなく不安など精神的苦痛も全て無い状態で手術を受けることができます。
全身のどの部分でも手術ができ、麻酔時間や麻酔の深さも自由にコントールできるので骨切りの手術では一番用いられる麻酔法です。
全身麻酔の管理下では途中で目が覚めることはありません。手術が完了し、麻酔医から「わかりますか?」、「目を開けてください」など医師の疎通が確認できたら麻酔で使用している管を取り除き完了します。
麻酔中は患者さんの意識はないため、麻酔医による呼吸管理、循環管理などの全身管理が必要となります。
全身麻酔で目が覚めなかったら?と心配される方もお見えになりますが、そういったトラブルや事故はございませんのでご安心ください。

全身麻酔が必須な手術

エラ削りアゴ削り頬骨削りなどの骨切り術全般

ラリンゲルマスク麻酔

ラリンゲルマクス麻酔というのは基本的には全身麻酔に類似した麻酔法です。お薬で眠らせて痛みを感じない状態で治療する手法です。全身麻酔との大きな違いは呼吸等を止めない、気管支に管を挿入しないことです。
呼吸を止めることをしませんので麻酔の覚醒も早いのが特徴です。ただし、お口の中からアプローチする骨切りには向いていない麻酔です。

静脈麻酔

静脈麻酔とは、麻酔薬等のお薬を静脈内に直接点滴注射することで長時間眠らせて痛みを和らげる方法です。全身麻酔と違い、意識のある状態で半分寝た状態になる。麻酔薬を導入後すぐに麻酔が深くなるため、麻酔の痛みや手術中の痛みも感じることなく手術を受けることができるのが大きな特徴です。

吸入麻酔

吸入麻酔というのは、リラックス麻酔とも呼ばれ、笑気を吸って緊張などを和らげる麻酔法の一つです。厳密には痛みが取れる作用はないのですが、緊張を緩和させることで手術への負担が少し和らぎます。

局所麻酔

局所麻酔とは、よく歯の治療や比較的簡単な手術に使用される麻酔方法。手術をする部分に麻酔薬を直接注射して、感覚を一時的に麻痺させ痛みをなくします。局所麻酔は意識がはっきりしているため、手術中の様子がわかりますが、医師と患者がコミュニケーションを取りながら手術を行うことができるため、手術中に仕上がりの状態を確認できたり、手術中の不安などを軽減させることができるのが大きな特徴です。

おすすめの記事