アゴプロ

アゴプロテーゼ

アゴプロテーゼとは「アゴが短い・ない」、「アゴが後退している」という悩みを持つ方の悩みを解消できる治療法です。お口の中からアプローチし、アゴ先や顎の前面部にシリコンプロテーゼ(人工軟骨)を挿入し、固定することでアゴを前に出したり、顎の形を希望する形状に整える美容外科手術の一つです。

ヒアルロン酸などのように吸収されることなく、半永久的に効果を持続させることができます。
使用するシリコンプロテーゼにはいくつかのタイプ・種類がありますが、当院では1回の治療で一生涯顎先に留置していても問題のない製品を使用していますので安心してアゴプロテーゼの治療を受けて頂くことができます。

顎が短い、アゴがないというお悩みの方は是非専門医の私たちにご相談下さい。

Therapeutic effect
~ アゴプロテーゼの効果 ~

  • アゴを出す
  • Eラインを作る
  • アゴの形を整える
  • Vラインの顎にする

Approach
~ アゴプロテーゼのアプローチ方法 ~

アゴプロテーゼはすべてお口の中(口腔内)からアプローチして、下顎骨まで進んでシリコンを留置するだけの治療です。お口の中だけの切開ですので表面上に傷跡が残る訳ではありません。
また、抜糸の必要がなく、吸収糸を用いますので2週間程度で糸が脱落していきます。ただし、糸が気になる方、時間が経過しても糸が残っている方などは抜糸いたします。

Operation
~ アゴプロテーゼ治療・手術の方法 ~

アゴプロテーゼの実際の治療内容についてご案内します。

アゴプロテーゼ6つの治療工程

デザイン局所麻酔ポケットの作製プロテーゼ留置固定傷の縫合

- Process01
デザイン

顎に対し、プロテーゼを留置する位置等のデザインを描きます。

- Process02
局所麻酔

アプローチするお口の中から顎先まで全体に局所麻酔の注射を行います。

- Process03
ポケットの作製

お口の中からアプローチし、プロテーゼの通り道、プロテーゼを留置するポケットを作製します。1センチ程度の切開を加え下顎骨まで深く進み、ポケット作製部分の骨膜を剥がします。
このポケットの大きさ、範囲が仕上がりの美しさ、ズレ等に影響します。この工程がアゴプロテーゼで一番大切な工程になります。

- Process04
プロテーゼの留置

カウンセリングで決定したプロテーゼを挿入し、仕上がりの鏡で確認していただきます。

- Process05
プロテーゼの固定

仕上がりの状態、形に問題がなければプロテーゼを固定します。プロテーゼの固定方法は糸で固定するか、固定用のチタン製のビスを使ってズレる事のないようしっかりと固定します。

- Process06
傷の縫合

傷を縫合してアゴプロテーゼを終了します。

Progress
~ アゴプロテーゼ術後の経過 ~

アゴプロテーゼの術後の経過と状態についてご紹介します。

術後の腫れ

アゴプロテーゼは顎先にプロテーゼを留置するだけの治療ですので著しい腫れと引き起こすことはありません。翌日がピークでその腫れが2、3日続きます。その後少しづつ腫れが落ち着き始めます。7日以降にはほとんどの腫れは消失しています。

術後の痛み

アゴプロテーゼの術後の痛みですが、手術の影響による痛みというのは数日で解消します。痛み止めの内服を処方しますので、激しい痛みや持続するような苦痛を伴うことはありません。

内出血

アゴプロテーゼの場合、皮下出血は非常に少なくあまり表面に出現することはありません。万一、内出血が出現しても数日で回復します。内出血が長期化したり、色が残るようなことはありませんのでご安心下さい。

傷跡について

アゴプロテーゼはお口の中から治療しますので皮膚表面に何かしらの傷が残ることはありません。

Price
~ アゴプロテーゼの実際の費用 ~

慶友形成クリニックのアゴプロテーゼの費用をご紹介します。
当院では個人差による追加加算等はございません。下記の表示料金でアゴプロテーゼを受けて頂くことが可能です。アゴプロテーゼの標準麻酔は局所麻酔です。ご要望に応じ静脈麻酔、全身麻酔等で対応することも可能です。

アゴプロテーゼ(スタンダード)
300,000
アゴプロテーゼ(ロングフィン)
450,000
上記以外に必要な料金
初診料
3,000
血液検査(標準麻酔)
6,000
血液検査(静脈麻酔、全身麻酔の場合)
10,000
オプション麻酔
静脈麻酔
50,000
全身麻酔
120,000
※ 別途、消費税
※ 再診料は無料
※ 静脈麻酔、全身麻酔をご希望の場合、レントゲン等の諸検査が必要です。
おすすめの記事