顎の脂肪吸引

アゴの脂肪吸引

二重顎、メリハリのないフェイスライン。その悩み「皮下脂肪」です。フェイスラインにまとわりついている皮下脂肪は、シュッとしているフェイスラインを大きく損ねてしまいます。顎の脂肪吸引は、余分な皮下脂肪だけを吸い取ってフェイスラインをシュッと引き締めた印象に変え、小顔へと導いてくれる輪郭補正・矯正治療の一つです。

顎の脂肪吸引は余分な皮下脂肪だけを吸い取るだけですので問題となるリスクがなく、皮下脂肪がある輪郭、フェイスラインの方には非常におすすめの治療です。

小顔になりたい。フェイスラインをシュッと引き締めたい方には顎の脂肪吸引がお勧めです。専門医のいる私たちにお気軽にご相談下さい。あなたにとって最善の方法を具体的にアドバイス致します。

Approach
~ アゴの脂肪吸引のアプローチ方法 ~

顎の脂肪吸引は、顎の直下もしくは、耳の付け根部分からアプローチして、皮下脂肪を吸い取ります。切開をすると言っても数ミリ程度ですので傷として目立つことはありません。
吸引口は1針だけ縫合しますので、1週間後に抜糸が必要です。

Operation
~ アゴの脂肪吸引の治療・手術の方法 ~

顎の脂肪吸引の実際の治療法についてご案内します。

アゴ削り7つの治療工程

デザイン吸引口の設置チューメセント液の散布
脂肪分解脂肪吸引廃液・ドレナージ傷の縫合

- Process01
デザイン

顎の脂肪吸引で大切なのはデザインです。どの範囲の脂肪を吸い取るかというのは結果に直接影響すること。治療前に鏡を見ながら要望をお聞きし、その上で顎部分にデザインを描きます。

- Process02
吸引口の設置

脂肪を吸い取る吸引管(吸引カニューレ)を挿入するための吸引口を作ります。
局所麻酔で麻酔を行い2ミリ程度の切開を加えます。

- Process03
チューメセント液の散布

吸引口からチューメセント液を注入・浸透させ、脂肪を吸引しやすい状態に整えます。
チューメセント液は麻酔薬、生理食塩水、止血剤、腫れを長期化させないお薬などを混ぜ合わせた調合薬です。

- Process04
脂肪分解

顎の皮下脂肪というのは非常に密な状態ですので、速やかに吸引できるよう細かく分解していきます。

- Process05
脂肪吸引

吸引管(1.6㎜の極細吸引カニューレ)で皮下脂肪を吸引していきます。

- Process06
廃液・ドレナージ

最初に注入したチューメセント液、脂肪吸引で生じた血液をしっかりと絞り出します。放置しておいても時間の経過ですべて吸収されますが、腫れや内出血を引き起こさないよう、最小限に止めるよう丁寧にドレナージします。

- Process06
傷の縫合

仕上がりの状態、吸引量等を確認し、問題がなければ吸引口を縫合して終了です。

Price
~ アゴの脂肪吸引の実際の費用 ~

慶友形成クリニックのアゴの脂肪吸引の費用をご紹介します。
当院では個人差による追加加算等はございません。下記の表示料金でアゴの脂肪吸引を受けて頂くことが可能です。アゴの脂肪吸引の標準麻酔は局所麻酔です。ご要望に応じ静脈麻酔、全身麻酔等で対応することも可能です。

アゴの脂肪吸引
200,000
頬の脂肪吸引
300,000
頬+頬の脂肪吸引
400,000
上記以外に必要な料金
初診料
3,000
血液検査(標準麻酔)
6,000
血液検査(静脈麻酔、全身麻酔の場合)
10,000
フェイスマスク
5,000
オプション麻酔
静脈麻酔
50,000
全身麻酔
120,000
※ 別途、消費税
※ 再診料は無料
※ 静脈麻酔、全身麻酔をご希望の場合、レントゲン等の諸検査が必要です。
おすすめの記事