エラ削り、アゴ削り、頬骨削りの情報サイト

フェイスライン総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
輪郭形成とは症状別治療法各治療法のご案内輪郭形成における麻酔についてメール相談
輪郭のトップ > 各治療法のご案内 > コメカミプロテーゼ
各治療法のご案内
   
コメカミプロテーゼ    

比較的東洋人(日本人)に多くみられるコメカミ部の凹み。コメカミの凹みは老いだけではなく表情の暗さを表してしまいがちです。一般的にコメカミの凹みに関しては補填的な治療を必要します。その代表としてコメカミプロテーゼが主流で行われています。その他はヒアルロン酸注入や脂肪注入などがあります。

 
 
手術について

麻酔について
コメカミプロテーゼは比較的短時間で済む治療であり、広範囲に麻酔を行う必要がありませんので、通常は局所麻酔で対応いたします。しかし、ご希望に応じて他の麻酔を併用することも可能です。お気軽にご相談下さい。
手術方法
耳の上部(頭皮内)からアプローチし、骨膜と骨とうまく分離させ、プロテーゼを挿入する範囲(土台)を整えます。次に挿入するプロテーゼをご希望の輪郭になるよう土台に合わせて加工します。単に挿入するだけでなく、全体の輪郭に合わせ微妙に調節し、美しいフェイスラインに仕上げるよう、適切にプロテーゼを整えます。実際にプロテーゼを挿入し、左右のバランスや全体の大きさなどすべて確認し、傷を縫合します。
手術時間
1時間程度

 
術後の経過について
治療後の傷及び経過
当日

治療後は30 - 40分程度休んでご帰宅していただきます。手術後4 - 5時間後に軽い鈍痛が出る可能性はありますが、処方されたお薬を服用していただければ落ち着きます。詳しいお手入れ法については、術後にお渡しする『術後のケアについて』を参照して下さい。

1日後 目元に軽い腫れを生じる場合がありますが、著しいものではありません。
3日後 個人差もありますが、比較的腫れは少ない状態です。
5日後 傷に糸はありますが、外見上、著しく不自然な状態ではありません。
7日後 腫れは基本的にほとんどありません。糸は残っていますが外見上手術の経過がわかることはありません。可能であれば部分的に抜糸します。
10 - 14日後 すべての糸を外します。
1ヶ月後 基本的には仕上がりの状態です。
3 - 6ヶ月後 完全な仕上がりです。
 

腫れ
不自然な腫れに関しては通常、2 - 3日程度です。
痛み
術後、可動時に痛みを生じる場合があります。鈍痛に関しては内服で十分コントロールできます。
傷について
耳の上部(頭皮内)ですので目立つことはありません。

 
日常生活での問題点について
食事について
特に制限などありません。
サプリメント
ビタミン剤に関しては一部服用を制限させていただく場合がございます。
洗顔・メイク
翌日から洗顔、メイクが可能。
シャワー・入浴
シャワーは翌日から可能。入浴は抜糸後から可能。
飲酒・タバコ
治療後4 - 5日は控えて下さい。
スポーツ
激しい運動に関しては2週間は禁止。
 
アフターケアについて

術後の通院について

7日後
10 - 14日後
1ヶ月後
3 - 6ヵ月後




検診。傷の状態チェック、可能であれば部分抜糸
全て抜糸
経過観察のため診察
経過観察のため診察

 
メリット&デメリット
メリット
・プロテーゼは永久です。途中で入れ替える必要性はありません。
・他のプロテーゼとは違い著しい腫れを生じにくい。
・傷はすべて頭皮内なので、目立たない。
デメリット
・経験の少ない医師の場合、左右のバランスが失われることがある。
・不慣れ、未熟な医師の場合、 大きさに違和感が出る。
 
 
費用はこちらをご覧になってください

コメカミプロテーゼに関してのご相談はこちらから

   
鼻形成 隆鼻術鼻尖縮小鼻尖縮小+耳介軟骨移植Iプロテーゼ+鼻尖縮小+耳介軟骨移植
鼻翼縮小ワシ鼻・鼻骨形成
フェイスライン 頬骨削りアゴ削り||アゴプロテーゼ上顎前突症(出っ歯)下顎前突症(受け口)
エラ削りコメカミプロテーゼガミースマイルガミースマイル-ボトックス注射法
ガミースマイル-粘膜切除法ガミースマイル-筋肉切除法ガミースマイル-骨切り法
プチ整形 ヒアルロン酸によるアゴ形成エラボトックス(注射による小顔形成)
ヒアルロン酸による隆鼻術
 

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.