アゴ削り

フェイスライン総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
輪郭形成とは症状別治療法各治療法のご案内輪郭形成における麻酔についてメール相談
輪郭のトップ > 各治療法のご案内 > アゴ削り
各治療法のご案内
アゴ削り

長い顎、後退した顎は見た目の美しさを著しく損なう原因。アゴ削りで美しいフェイスラインを手に入れてみませんか。美容外科でおこなうアゴ削りは骨を直接削りますので確実な効果を認めるだけではなく、一生涯変わらぬその美しさを維持できるのです。アゴ削りは皮膚表面に一切傷を付けることをしませんので傷跡で悩み心配もありませんし、整形したことがバレることもありません。
慶友形成クリニックのアゴ削りは腫れの少なさ、仕上がりの自然さにこだわっており、術後のダウンタイムの少なさには絶対の自信があります。また、他院でおこなったアゴ削りの修正手術もご相談に応じております。お気軽にお問い合わせください。

慶友形成クリニックのアゴ削り
アゴ削り

長いアゴを短くしたり、前に出ているアゴを削ったり、左右の歪みのあるアゴを整える場合は単に下顎骨を削るだけのアゴ削りで対処します。

水平骨切り術

水平骨切り術というのは「中抜き法」とも呼ばれ、下顎骨の間を切り離して短縮させることができるので削る方法と比べ長く短縮することができます。また。下顎の途中を切り抜くので形に変化を与えることもありません。。

アゴを前に出したり、後ろに後退させるアゴ形成についてはこちら アゴ削りの実際
アゴ削りの麻酔

アゴ削りは全身麻酔下で手術をおこないます。全身麻酔というのは麻酔薬を点滴から流し、意識や痛みを完全に止めた状態にしますので、アゴ削りの術中には一切の痛みや苦痛を感じることはありません。
意識が完全に無くなることを不安に感じる方も多いのですが、当院はしっかりと麻酔管理できる設備、医師が常駐していますので心配はありません。


実際のアゴ削りの手術方法

アゴ削り、水平骨切り術ともにすべてお口の中からアプローチしますので、皮膚表面への傷の心配は一切ありません。口腔粘膜を切開したあとは骨まで侵入していくのですが、当院はできる限りダウンタイムを短くできるよう専用の電気メスで骨まで進んでいきます。
骨まで到達したら、骨膜(骨を覆っている膜)を剥離し、アゴ部分の骨を露出させます。その際、おとがい神経を直視下で確認し、傷つけないようにダメージを与えないようしっかりと保護します。
骨膜を含め骨に付いている組織を丁寧に取り除き、削る範囲のアゴの骨をしっかりと露出させます。こういった前処理をしっかりとおこなうことで正確な骨切り、出血させない骨切りができるのです。

削る環境が整ったら骨にデザインを描き、骨を丁寧に削っていきます。

骨を削り終えたら、口腔内を丁寧に洗浄します。骨片などを不用意に残してしまうと感染を引き起こしたり、腫れが長引く原因となりますので、丁寧に洗浄します。

骨切りが終わったらお口の中の傷を縫合してアゴ削りは終了です。当院ではあごのたるみを引き起こさないよう縫合にもこだわった処置を施しています。

どこを切るの? おとがい神経ってなに? 全身麻酔って?
どうやって骨を削るの?切るの? 骨は切ったり、削って大丈夫なの?


アゴ削りの手術時間

アゴ削りの実際の手術ですが、麻酔も含めると概ね90分程度です。その後、麻酔を覚まし、意識がしっかりと覚醒して帰るまでには4、5時間程度をお考えください。

アゴ削りの術後の状態と過ごし方 アゴ削りの術直後の状態

アゴ削りを受けられた直後の状態というのは、アゴ先に固定のテープを貼り、剥離範囲にもよりますが、クリニックに滞在中は包帯で圧迫するか、もしくはフェイスマスクを装着し、出血と腫れの予防対策をおこないます。

アゴ削りを簡単で気軽に受けることができる印象を与えるために、テーピングや包帯は不要という美容外科が多いのですが、テーピングや包帯などの圧迫の有無で腫れや出血の状態というのは格段に違います。

私たちはそういった無責任な対処は行わず、本当に必要で効果的な術後管理を徹底しています。それが結果的に腫れの少なさ、ダウンタイムの短さに繋がっているのです。


アゴ削りの術後経過
当日 全身麻酔ですので覚醒しても、しばらくはお休みいただきます。ご希望に応じて入院していただくことも可能です。手術後4 - 5時間後に軽い鈍痛が出る可能性はありますが、処方されたお薬を服用していただければ痛みは止まります。腫れを抑えるため フェイスマスクを装着していただきます。
1日後 口の周囲に軽い腫れを生じる場合がありますが、著しいものではありません。削る範囲や状態に応じてアゴの部分にテーピングをする場合があります。テーピングは腫れを抑える目的と、骨と皮膚の再癒着を促すために重要です。通常2 - 3日行います。
3日後 個人差もありますが、比較的腫れは少ない状態です。テーピングを外します。
5日後 お口の中の傷部分に糸はありますが、外見上、著しく不自然な状態ではありません。
7日後 口腔内に糸は残っていますが外見上手術の経過がわかることはありません。糸は自然に溶けますのでそのままにしておきます。
2週間後 ご希望に応じて口腔内の糸を抜糸します。
1ヶ月後 基本的には仕上がりの状態です。
3 - 6ヶ月後 完全な仕上がりです。

腫れの期間

不自然な腫れに関しては通常、 2 - 3日程度です

痛み持続期間

術後、可動時に痛みを生じる場合があります。鈍痛に関しては内服で十分コントロールできます

傷について

口の中ですので表面には一切ありません

日常生活での注意点について
食事について

手術後3 - 4日は咀嚼が困難な場合があります。残渣を伴う固形物は控えていただきます。

洗顔・メイク

翌日から洗顔、メイクが可能。

サプリメントなど

ビタミン剤に関しては一部服用を制限させていただく場合がございます。

シャワー・入浴

シャワーは翌日から可能。入浴は腫れが落ち着いていれば可能。

飲酒・タバコ

治療後4 - 5日は控えて下さい。

運動・スポーツ

激しい運動に関しては2週間は禁止。

毎日のケア

術後にお渡しする『術後の経過について』を参照し、しっかりとうがいを行っていただきます。

アフターケアについて 術後の通院・アフターケアについて

当院は無責任な治療はおこないません。責任ある治療を提供するためにも術後の検診にはご協力頂いています。ここではアゴ削りにおける術後の検診とアフターケアをご紹介します。経過が順調であっても素人判断は危険です。治療結果を保証する以上、術後の検診にもしっかりとご来院下さい。

7日後 最終チェックをおこないます。傷の状態、仕上がりの満足度を含め総合的に判断し、問題がなければ終了です。
1ヶ月後 経過を診させて頂きます。腫れや傷の状態を医師が診察し、なにか問題があればその都度適切な対処を行います。
3?6ヶ月後 経過を診させて頂きます。腫れや傷の状態を医師が診察し、なにか問題があればその都度適切な対処を行います。
アゴ削りのメリット・デメリット

アゴ削りはアゴのコンプレックスを解消し、この先悩むことのない美しい輪郭を手に入れることができるというのが最大のメリットです。しかし、手術は手術。アゴ削りもはデメリットはあるのです。

メリット

・骨を直接削ったり、切除しますので、確実な効果を認めます。
・骨の手術ではもっとも腫れの少ない治療です。
・傷はすべて口腔内で表面には一切ありません。

デメリット

・下顎の剥離範囲に一時的な感覚の鈍さを感じることがある。
・皮膚がたるむリスクがある。
・経験の少ない医師の場合、左右のバランスが失われることがある。
・不慣れ・未熟な医師の場合、神経損傷の可能性がある。

アゴ削りのリスクと問題点 血管・神経の損傷

アゴ形成の場合もっとも重要なのはオトガイ神経とよばれるアゴを中心とした下部に左右対である神経を損傷してしまうことです。その方の希望する形状や範囲に応じて、一旦、切離する必要がある場合を除き、温存するのが通説です。しかし、必要性がないにも関わらず、それを損傷しているケースが少なくありません。

当院での対策・対処

通常は頭部の骨の状態をセファロやパノラマなどで事前に状態を診察します。当院では必要に応じて最先端の高度画像診断3 D-CT などを用いて精密に体の状態を把握し、最も安全で確実に効果の認められる治療プランをご案内・提供致します。ご希望の仕上がりによっては神経を一時的に切離する必要がある場合は事前にお話し、輪郭形成後に神経接合まであわせて対応します。これらの治療には豊富な治療経験と高度な専門的技術が要求されます。

効果不足・仕上がりのイメージ相違による不満

当院に訪れるアゴ削りの修正手術で多いのが効果不足による不満、仕上がりイメージの相違による不満です。これらは手術方法の選択ミスや、仕上がりの輪郭イメージを手術をおこなう医師と共有できていないことで起こっています。

大切なのはどういった仕上がりを望んでいるのか?今の状態からどういった手術法が適しているのかということを正確に判断することです。当院では十分なカウンセリングと豊富な治療バリエーションであなたの望む美しさを叶えます。

当院での対策・対処

丁寧なカウンセリングというのは当たり前、美容外科医なら誰もがどういった仕上がりの望んでいるのか?ということを正確に把握しなければいけません。しかし、言葉だけでは現実には不十分です。

慶友形成クリニックではカウンセリングの際に顔の写真を撮影し、今のあなたの輪郭と、実際にあなたの希望している輪郭を形状として表して、仕上がりイメージのずれを生じないカウンセリングをおこなっています。また、アゴ削りの方法についてもさまざまな術式を駆使することであなたの望む美しさを叶えています。



費用はこちらをご覧になってください
頬骨削りに関するよくある質問はこちら
頬骨削りに関してのご相談はこちらから

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.